ナットウキナーゼで健康体|サプリでドロドロ血液を撃退

血流が良くなる

血栓症の予防にも役立つ

今や日本の食卓に見ない日はないといってもいい納豆は、有名なおかずの一つです。よく納豆そのものは昔から納豆は体にいいと言われてきました。しかし一体どういう風に体にいいのかということまではそんなに深く知られていません。納豆には大豆が持っているアミノ酸やサポニン、イソフラボン、ナットウキナーゼなどの成分が入っています。 現代ではストレス、食生活の乱れ、激しい気候の変動が私たちの体に関わるため、生活習慣病からくる高血圧や糖尿病などを引き起こします。 納豆の中でもナットウキナーゼという物質は大豆を発酵する際に生まれたもので、体内の血の巡りを良くする、つまり血液がサラサラなり流れを良くするとうい働きがあります。 これを摂取することによって血栓症の予防に役立つことができるのです。

ナットウキナーゼの正しい摂取量

納豆の中に入っているナットウキナーゼですが、良いものだからということで取り過ぎも良くありません。 納豆を食べることでナットウキナーゼは摂取されますが、納豆の中には血液を固めてしまうビタミンK2という成分が入っています。 これは血栓を作りやすくしてしまうためナットウキナーゼそのもの自体の力が発揮されないということになってしまいます。 この良いところがお互いに打ち消し合ってしまうことを防ぐため、よりよい方法はナットウキナーゼだけのサプリメント摂取です。 この摂取方法だと、ビタミンK2と打ち消し合わずに血液の循環を良くする確率がアップします。 さらに納豆そのものの匂いや味が苦手だという人でも、手軽に簡単に摂取することができます。